URLの仕様はどれを使えばいいのか?

既存の仕様には問題がある。そもそも実装がバラバラ。
WHATWG URL Standardはブラウザのことしか考えてないから他で使いにくい。
ワーキンググループがどこも機能していない(活動を終えている)。WHATWGは支配者気取り。

何を信じれば良いのか?

Ecmarkup: 想像以上にひどかった


  • ボキャブラリがひどい。カスタムエレメントになったdiv,span地獄
  • カスタムエレメント使うより名前空間使ったほうがいい
  • カスタムエレメントで相互リンクを定義するよりxlinkの方がわかりやすい

XSLから変換したほうがマシ。XSL-FO書いてXSLT書けば好きな形式に変換できる。
カスタムエレメントだとエディタがオートコンプリート出来ないのが致命的、xmlならスキーマ書けばxmlエディタがやってくれる。
書けたもんじゃない。

アニポケのカスミ

ハナダのフィールドがプールになってカスミのギャラドス登場!
アニポケで電ピカが見られるなんて!!

もういくつ寝るとjava9!

JVMCIでハンドアセンブルなんてやってらんねーですよ。GraalとTruffleをつかうぜ!
GUI周りがかなり変わってる。

switch(true)イディオムの正しい使い方

switch(true)イディオムの要はCaseClauseのExpressionです。SwitchStatmentのExpressionにリテラルtrueを書くことではありません。

すなわちこの呼名はふさわしくありません。そもそもパターンが二値しかないにも関わらず条件式の評価結果に依存して分岐先が変わるのでswitchの間違った使い方です。

正しくはこう使います。

よく見るとただのヨーダ記法で、switchと組み合わせる事で複雑な分岐のベタ書きを回避しています。デメリットの多いヨーダ記法の数少ないメリットです。

ただし、clauseSelector(CaseClauseのExpressionを評価した結果のこと)の比較は===なので注意しましょう。null or undefinedが区別されます。

ヨーダ記法でピンと来たかもしれませんが、昔からたまに見かける書き方です。es4のDateコンストラクタの実装に使われています。ほとんどこのコードそのままです。

http://www.ccs.neu.edu/home/dherman/browse/linux/es4/src/dist/es4/builtins/Date.es


ちなみにcaseのラベルが定数式のみ許す言語だと当然のごとく出来ません。

ガチャ回して友達に噂とかされると恥ずかしいし

もう一度言う。

ガチャ回して友達に噂とかされると恥ずかしいし

何度でも言う!

ガチャ回して友達に噂とかされると恥ずかしいし

bash on windowsでもSelfをビルドしたい! その2

x11はなぜか前に試したパッケージ名でインストールされたが、こんどはvmのビルド時にmakeDepsが32bit用バイナリになって実行できないみたい。
64bit様にビルドするにはどうしたら良いのかわからないので今回はここまで。

どうもSelfが32bitにしか対応してないみたい。64bit環境で32bit用にビルドする方法を探せばいいか?